第2パナマ運河に「オオカミ少年」の過去

2006年6月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 パナマ政府は4月24日、ようやくパナマ運河の拡張計画を発表した。1999年にアメリカから返還されて以来、手狭になった運河の改修・拡張が焦眉の急だったが、財政の弱体なパナマが巨額の建設費負担に耐えられるか、そのプロジェクトの運営が可能かなど国内で議論があり、なかなか成案がでなかった。このほどまとまった計画案によると、総工費52億5千万ドル(約5900億円)、竣工は2014年の予定。来年、国民投票にかけて賛成を得たうえで着手するというものだ。 大西洋と太平洋の82キロの地峡を開削したパナマ運河は、1914年に開通してから92年を経過した。現在は年間通航が1万3千隻、通過する総貨物量が1億8800万トンに達しているが、北米東岸と西岸を結ぶ輸送ルートのみならず、アジアと中南米市場間の貿易も急増し、運河外に通航待ちのコンテナ船が列をなす渋滞が多い。 現在は往復2レーンがあって5 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。