ナイジェリアにクサビ 実とった胡錦涛の歴訪

2006年6月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 中国の胡錦涛国家主席の4月訪米に続くモロッコ、ナイジェリア、ケニアのアフリカ歴訪は、世界第8位の産油国ナイジェリアで大きな成果を挙げることができた。国賓として2日間の滞在中、ナイジェリアに対し国有精油所の運営や鉄道、発電所の建設など社会基盤整備に40億ドルの投資を行う見返りに、ニジェール川のデルタ地帯の4鉱区で探鉱の優先権を中国石油天然気集団(CNPC)が取得する協定に調印したのである。 ナイジェリアは、すでに中国石油(ペトロチャイナ)と日量3万バレルを供給することで昨年合意しているし、中国海洋石油(CNOOC)とも08年生産開始の鉱区の株式45%を270億ドルで譲渡する契約を結んでいる。エネルギー源なら喉から手が出るほどほしい中国は、アフリカでもガボン、アンゴラ、スーダンなど紛争地帯で果敢に権益獲得に動いている。 部族抗争の絶えないナイジェリアでは反政府 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。