「片虎」と日テレ氏家の蜜月

2006年6月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

「片山虎之助を委員長に推薦したのは俺だ」と打ち明けるのは、民放界の重鎮、日本テレビ放送網の氏家齋一郎取締役会議長。自民党の通信・放送産業高度化小委員会の片山委員長との蜜月ぶりをアピールしている。「力があるのは片虎」とエールを送り、竹中平蔵総務相の私的懇談会が仕掛ける放送と通信の抜本改革に「待った」をかける。 竹中氏は昨年末、「通信・放送の在り方に関する懇談会」(座長・松原聡東洋大教授)を立ち上げた。竹中・松原コンビは懇談会を牛耳り、NHKの国際放送拡充にCM導入を容認する考えを表明。また、番組のネット配信を著作権法上の「放送」扱いとし、著作権の許諾手続きを簡素化するよう求めた。 いずれも民放にとっては「死活問題」(民放大手)。NHKのCM参入は「民放の収入源である広告市場」(民放大手)が侵食されるだけでなく、民営化論も再燃しかねない。ネットで番組 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。