関西電力vs.大阪ガス「越前市ガス」逆転買収の真相

大ガスの北陸進出の野望を挫く高値落札。関電会長人事と地元対策が絡んで……。

2006年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

 福井県嶺北地方の中部に位置する越前市――。昨年10月、武生市と今立町が合併して誕生した人口8万7700人の小都会である。特産品は和紙と打刃物。水上勉の叙情小説『越前竹人形』の舞台として知られる、北陸の古都が、公営ガス事業の民営化を巡って揺れている。 2月21日、市長の奈良俊幸がガス事業の譲渡先を発表した際、市議たちは驚きを隠さなかった。譲渡先が当初、市が内定した大阪ガスではなく、関西電力を中心とするグループに変更されていたのである。そのうえ、関電の買収額が38億円と、市の譲渡試算額24億円を大きく上回っていたからだ。 越前市ガスの需要家数はわずか6200件。2005年3月期の業績は売上高4億9千万円に対し、1億4900万円の最終赤字。01年に大ガスからLNG(液化天然ガス)供給を受け、プロパンガスから天然ガスへ転換したものの、その設備の減価償却と金利負担が響き、6億3900万 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。