引責辞任もありうる西川日本郵政社長

2006年6月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 西川善文社長(三井住友銀行前頭取)が率いる日本郵政が「取材拒否」を続け、業を煮やす報道機関との間で一触即発の冷戦が続いている。1月の就任インタビューや2月の自民党総務部会で、貯金預け入れ限度額の撤廃などを派手にぶち上げたところ、その変節ぶりが批判の集中砲火を浴びてしまい、メディアの前から姿を消してしまった。 しかし、西川氏は新聞には丹念に目を通すらしい。日本郵政絡みの記事が出ると最近、取材を受けたかどうか、全社員を対象に緊急調査するのが目下、同社の最大の仕事という。もっとも日本郵政は取材アポイントを全く受け付けないのだから、「取材を受けた」と答える社員は皆無だ。 金融庁は、デリバティブ販売をめぐる優越的地位乱用で、三井住友銀行に業務停止命令を発動した際、西川氏ら前経営陣の責任も明確化するよう異例の要求を行った。同庁関係者は「あまりに悪質 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。