「NTT利権」争奪の裏側

前門の中川秀直ら政治家、後門の孫正義…。「和田続投」に潜む凄まじい暗闘。

2006年6月号 BUSINESS [ITフロンティア]

  • はてなブックマークに追加

「特ダネ、教えようか」 4月20日夜のことだ。参議院自民党幹事長の片山虎之助は、政治部記者との懇談の場で、愉快そうに切り出した。「NTT人事は今回ない。今日、社長が挨拶に来たよ、『次もやりますからよろしくお願いします』って……」 6月に2期丸4年を迎えるNTT(持ち株会社)社長の和田紀夫は前日の19日、グループ首脳会議を開いて自らの続投を決め、20日、総務省の須田和博・総合通信基盤局長にその意思を伝えた。特殊法人であるNTTの役員人事は総務相の認可事項だが、和田は監督官庁への報告の前に片山へ打診したという。 片山は小泉政権発足当時の総務相であり、自治官僚出身だけに総務省のドンを自認している。それを誇示するような売り込みネタは、翌朝の日本経済新聞が囲み記事で報じた。しかし関係者によると、和田が当初、片山に申し入れたのは“続投”ではなかったという。「高速道路に入 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。