農協が参院選独自候補擁立

2006年6月号 連載 [人事 HUMAN FACTOR]

  • はてなブックマークに追加

 来年7月の参議院選挙に向け自民党は候補者選びを急いでいるが、これまで集票マシーンとして農水省OBを担いできた農協が、独自候補を立てる動きを見せている。これに対し農水省OBで現職の福島啓史郎議員は、あくまで再選をめざす構えで激突必至だ。 農協が独自候補擁立に傾いているのは、先の参院選の反省からだ。前回は農水省OB(元農産園芸局長)の日出英輔議員を、農水省と共に担いだが惜敗した。農協内から「コメの値下げ政策を推進し、農産物の輸入自由化を容認する農水省OBでは選挙運動が盛り上がらない」との意見が続出し、「独自候補を擁立して自由化反対を叫ぼう」という機運が高まった。 農協は独自候補擁立に動き出したものの、いざとなると名前の挙がった候補者が尻込みして決まらない。最終的には全国農協中央会が候補者選びの責任を持つ見込みだが、農水省と「共闘」しても当選させら ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。