経産省次官に北畑産政局長

2006年6月号 連載 [人事 HUMAN FACTOR]

  • はてなブックマークに追加

 経済産業省の首脳人事は、杉山秀二事務次官(昭和46年入省)が退任、北畑隆生経済産業政策局長(47年)の昇格が確実となった。昨年夏の人事は、官房企画室を舞台にした「裏金」問題の監督責任を問われた北畑氏が国家公務員法上の処分を受け、次官に昇格ができなくなったため、幹部人事がほとんど凍結される異例の事態となった。 通常国会開けには満を持した北畑次官が誕生する見込みだ。問題は北畑氏の次の次官レース。鈴木隆史官房長(48年)、望月晴文中小企業庁長官(48年)の一騎打ちとなる。次期次官を狙う最有力ポストは産政局長。裏金問題の処理で危機管理能力が評価された鈴木氏と、中小企業振興に腕をふるう望月氏の評価はほぼ互角。「有力OBが天下りポストの配分を巡り、冷淡な鈴木氏に不満を募らせている」(幹部)との声があり、望月氏優勢との見方も。 仮に望月氏が産政局長になった場 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。