「竹中秘書官チーム」解散へ

2006年6月号 連載 [人事 HUMAN FACTOR]

  • はてなブックマークに追加

 小泉政権の「秘書官政治」の象徴の一つだった竹中平蔵総務相の側近官僚チームが、「ポスト小泉」で竹中の中枢起用はないと見越して「チーム解散」の身支度を始めた。旧通産省出身(昭和61年入省)の岸博幸政務秘書官は、4月から慶応大学藤沢の教授となり、9月まで秘書官と二足のわらじをはく。岸は歯に衣着せない傍流育ちで、産業政策局、資源エネルギー庁を経て内閣官房IT担当室に出向したのが、一橋大学先輩の竹中の知恵袋になるきっかけとなった。音楽家の坂本龍一ら幅広い人脈を持ち、ありきたりの学者では収まりそうにない。竹中のもうひとりの側近で旧大蔵省出身の高橋洋一補佐官(昭和55年入省)も、財政改革、郵政民営化、政策金融再編で辣腕をふるったため、出身母体の財務省ににらまれ、総務省にもGHQ(Go Home Quickly)と言われているが、9月以降は「学者に戻ります」と恬淡としている。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。