編集後記

2006年5月号 連載 [編集後記]

  • はてなブックマークに追加

 老人の独り言ではないが、胸の奥に浮かんだリフレーンを、創刊号の編集中はずっとつぶやいていた。「けおそろしき美が生まれる」 ちょうど90年前の4月24日、復活祭
のさなか、英国の支配を脱しようとアイルランド独立派の義勇軍が蹶起し、首都ダブリンの中央郵便局を占拠した。その「復活祭蜂起」(イースター・ライジング)を悼んだW・B・イエーツの詩の一句である。蜂起は鎮圧され悲劇に終わったが、それでもイエーツは「なにもかも変わった」と詠い、大英帝国に挑んだあげくの散華を「けおそろしき美」と呼んだ。 ▼目をあげると、窓の外は万緑の季節である。木洩れ日が美しい。ことしは聖金曜日が4月14日だった。イースターの休みをはさんで本誌は刷りあがり、読者に届けられる。なぜ「けおそろしき美」の言葉が胸を去りやらないか……得心がいった。ものみな一斉に花ひらくイースターの絢爛たる風 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。