PET検診ブームが失速採算取れず効果もさっぱり

2006年5月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「全身の小さながんを一度に発見でき、がん検診の切り札」との謳い文句で、事業欲に駆られた一部の医師と産業界が作り出したPETブーム。日本核医学会が1年半前、「効果に関する誇張広告は慎むべき」とするPET検診ガイドラインを出したにもかかわらず、PETセンターは雨後の筍のように乱立、現在すでに200カ所を超えている。韓国への観光旅行とセットにしたPETツアーも健在だ。 しかし、他人事ながら気になるのは、一施設当たり15億円から20億円もの巨額の設備費を投じ、年間数億円といわれる管理運営費をかけて、採算が取れるのかということ。PET単独の検診料は他の人間ドック並みに8万円程度に設定されているが、一日に検査できるのは2台保有する施設で20人が限度。単純計算すれば年間5千人弱の利用が可能で、4億円の収入になるが、そこまでの需要は見込めない。 三菱商事、伊藤忠商事など大手商社も ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。