「ちょい安で上質」が人気北九州~羽田のビジネス便

2006年5月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 北九州市の新規航空会社、スターフライヤー(SFJ)が3月16日に就航させた、ビジネス客向け定期便が注目を集めている。同市の沖合3キロに移転・開港した新北九州空港と羽田空港の間を、エアバス「A320」3機が早朝5時台から深夜1時台まで一日4往復、計12往復のシャトル運航をしている。 座席は黒の本革シートで、前後の間隔が91センチとエコノミーでは世界最大。各席にNHKやBBCの時事ニュース、TVQ九州放送の経済報道番組が見られる液晶モニターや電源コンセントがあり、バッテリーの残量を気にせずにパソコンが使え、携帯電話の充電もできる。1~2年以内にはネット接続やテレビの生放送受信も可能になる。 運賃は1万9600円(昼間帯、前日までに購入)。同じ北九州~羽田線の日航便と比べて700円安いが、隣接する福岡~羽田線の日航便よりは2500円高い。しかし、ビジネス客の旅費は会社払いなので、「 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。