JRAの虎の尾踏んだ孫正義

英国のネットギャンブル企業に巨額出資。ソフトバンクは、何を狙っているのか?

2006年5月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

 東京・六本木ヒルズと言えば、ライブドアや楽天などが軒を連ねる新興IT企業の牙城だが、一帯の玄関口である「六本木ヒルズゲートタワー」に、日本中央競馬会(JRA)の本部事務所があることは、あまり知られていない。 距離が近いだけでなく、IT企業と競馬界の関係は深まりつつある。きっかけは昨年施行された改正競馬法。JRAも地方自治体の運営する地方競馬も、馬券発売や施設内の警備業務などを、民間に委託できることになった。委託解禁は、売り上げ低迷で窮地にある地方競馬の活性化策として打ち出された。いち早く反応したのはライブドア。群馬・高崎(04年限りで廃止)や、岐阜・笠松への参入を打ち出した後、高知県競馬組合との業務提携を発表した。 しかし、堀江貴文前社長ら5人が証券取引法違反で逮捕・起訴されたこともあって、具体的な進展がないまま、提携は立ち消えとなった。だが、そ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。