旧ユーゴスラビア連邦共和国大統領 ミロシェビッチ

「虐殺者」と「獄死の英雄」の間

2006年5月号 連載 [ひとつの人生]

  • はてなブックマークに追加

 オランダのスヘーフェニンゲン拘置所の独房で死亡しているのが発見された。この5年間、ハーグの国際戦犯法廷で被告席に座り、死亡時には被告側証人の審問中だった。彼の獄死で、国家元首に対する世界初の裁判は、判決が出ぬまま宙に浮いた。 西欧諸国の大半は、ユーゴ分裂やクロアチア紛争(1991~95年)、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争(92~95年)、コソボ・メトヒヤ自治州(西欧ではコソボ)の紛争(98~99年)の責任と、紛争で30万人もの人々を死に至らしめた責任があるとして、裁判前から彼の有罪を主張してきた。西欧などのメディアで彼は「バルカンの虐殺者」「大量殺戮の立役者」と呼ばれている。 獄死で幕切れを迎えたが、彼の生涯ははじめ輝かしく、後に暗い影に覆われる暗転のコースをたどっている。 もともとは銀行員だが、87年に政治家として無名の存在から突如、旧ユーゴ連邦⓺カ国で ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。