中国─トルクメニスタンPL建設であく「風穴」

2006年5月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 トルクメニスタンのサパルムラト・ニヤゾフ大統領が4月3日、中国を訪問し、トルクメニスタンと中国を結ぶ天然ガスパイプライン(PL)建設に関する枠組み合意書に調印した。 トルクメニスタン国営通信社によると、中国は2009年から30年にわたって同国から毎年300立方メートルの天然ガスを購入する。今年12月31日までに具体的な詰めを行う。 トルクメニスタンは中央アジア最大の天然ガス産出国。ロシアがウクライナ向けに輸出する天然ガスの相当部分は、ロシアがトルクメニスタンから買い上げたもので、ロシアはそれによって浮いた自国産天然ガスをより高い価格設定の欧州諸国への輸出に振り向けている。 トルクメニスタン—中国のPL建設が実現したら、プーチン・ロシアのトルクメニスタン産天然ガスに対する支配に大きな風穴があくことになる。 実は昨年、カザフスタンの石油利権をめぐっても、ロシ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。