「タイミングがよすぎる」韓国外換銀行の家宅捜索

2006年5月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 日本でも東京相和銀行(現東京スター銀行)を買収した米系私募ファンド、ローンスターのソウル事務所と子会社が、韓国の検察庁中央捜査部(特捜にあたる)に3月30日、家宅捜索を受けた。ローンスターは2003年に韓国外換銀行の株式50・53%を1兆4000億ウォンと“格安”で買収、この3月22日に韓国最大手の国民銀行に4倍以上の値で売却して巨額の差益を手にすることになったが、外換銀行幹部の供応接待があったのではないかとの観測が流れ、資産270兆ウォン(約32兆円)のメガバンク誕生に検察が水を差す形になっている。 国民銀行はドイツのコメルツ銀行と韓国輸出入銀行からも計14・1%の外換銀行株の買収で合意、買収額は1株1万5400ウォン、総額6兆4100億ウォンに達する。外換銀行はもともと政府系の銀行で、現代グループのメーンバンクだったが、1997年アジア通貨危機で経営が悪化、2003年にローンス ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。