自分の首絞める米国重症の「排外主義」

何をビクつく?「夷狄が怖い」と海外からの投資を拒む無理。

2006年5月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

 米国はちょっとしたゾンビブームである。恐怖作家スティーブン・キングの最新作『セル』ではボストン市で携帯電話の音を聞いた人々がゾンビ化し、ニューヨークのマンハッタン島にゾンビが出現する『モンスターアイランド』、ゾンビとの戦争を描いた『世界大戦Z』が、今月に相次いで出版される。昨年封切られた映画監督ジョージ・ロメオの『死の大地』も好評。ニューヨーク市のタイムズスクエア近辺のゲームセンターでは、ゾンビを撃ち殺すゲームが子供たちの人気を博している。 米国人は何を恐れているのか。背景にあるのは、米国内に広がる「アポカリプス」(終末思想)だ。ゾンビはもともとカリブ海のブードゥー教から発祥したもので、肉親だろうが、隣人だろうが、死んで呪いがかかると執拗に襲いかかってくる。ゾンビブームは「ナイン・イレブン」と呼ばれる2001年の9・11テロ以降、「身内のふり ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。