新生「西武グループ」――潜行する「大連合」構想

その背後には流通再編の仕掛け人、和田繁明がいる。ミレニアムや西武鉄道、プリンスホテルだけでなく、セブン&アイまで巻き込み、何やらきな臭くなってきた。

2006年5月号 BUSINESS [企業スキャン]

  • はてなブックマークに追加

「荒川静香さんがトリノで金メダルを、松坂大輔投手がWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)でMVPを、そしてアイスホッケーのアジアリーグでコクドが2年連続優勝を果たすなど、グループの仲間が我々に勇気を与えてくれた」 3月27日、中核持ち株会社「西武ホールディングス(HD)」を頂点
に、鉄道・沿線事業を手がける「西武鉄道」とホテル・レジャー事業の「プリンスホテル」が傘下に収まるグループ再編作業が完了。埼玉県所沢市の本社に社員1300人を集めて開いた新体制説明会で、挨拶に立った西武HD社長の後藤高志は得意満面の表情でこう語った。 メーンバンクのみずほコーポレート銀行の副頭取だった後藤が、再建のために西武鉄道に特別顧問として送り込まれたのが昨年2月1日。社長に就任して第一線で舵を取るようになったのは5月24日で、それからまだ1年も経過していない。 前西武鉄道社長 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。