トヨタ奥田会長の秘書が常務に大抜擢される理由

2006年5月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 日本経団連会長である奥田碩トヨタ自動車会長の秘書を10年以上務めてきた股肱の臣、同社秘書部の西川幸男氏(78年入社)が、6月の株主総会後の取締役会で一気に常務へ昇格する。 トヨタではトップの秘書が役員に昇格するのは異例だが、その理由は財界対応。奥田経団連会長の後を継ぐキヤノンの御手洗冨士夫社長をサポートするためだ。 西川氏は昇格後、「政治担当」となり、6月でトヨタ会長も退任する奥田氏の政界人脈を引き継ぐ。国際派経営者と評価が高い御手洗社長の弱点は、日本の政治家とのパイプがほとんどないこと。しかも、キヤノンの渉外部隊の力は弱小。このため、「永田町対策」はトヨタが面倒を見ることを条件に、御手洗氏は経団連会長を引き受けたとされる。トヨタは負担のかかる経団連会長を㆓代続けて出すことを回避でき、キヤノンに借りができた形だ。 そこで、経団連サポートの重 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。