顰蹙買うマイクロソフトユーザー無視の大幅値上げ

2006年5月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 マイクロソフト日本法人が、企業向けOS(基本ソフト)のサービス料金を32%も値上げする方針を固め、ユーザーの顰蹙を買っている。同社は昨年6月、米本社から送り込まれたダレン・ヒューストン氏が社長に着任、2代続けての米国人トップとなり、かつての古川亨氏、成毛真氏の社長時代に比べ日本軽視との反発の声も上がっていた。そこへ値上げが追い打ちをかけ、一部の大口ユーザーは「リナックス」へのOS変更も検討し始めた。 値上げするのは「ソフトウェア・アシュアランス」と呼ばれるサービス制度。マイクロソフトの製品を導入する際、一定の料金を払って契約すれば、3年間は無償でバージョンアップを受けられる。 その料金が大幅値上げとなり、1万台単位でパソコンを導入している大企業の場合、年間数億円も費用増になるという。日本人幹部社員の反対を押し切り、値上げに踏み切ったのは日本駐在 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。