苦戦続きの日本振興銀行に消えない身売り説

2006年5月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

 木村剛氏が設立した日本振興銀行の苦戦が伝えられ、同行に免許を交付した金融庁も対応に苦慮している。金融界では、「ビジネスモデルが類似する新銀行東京に営業譲渡するのでは……」との観測まで浮上している。 金融システム不安を背景とする銀行貸し渋りに目をつけ、木村氏は2004年4月に中小企業向け融資を専門とする振興銀を開業した。しかし、その後の大手銀行の回復で目算が狂い、融資は伸びずに国債売買で収益を嵩上げしているのが実情。発足時にかき集めた定期預金が流出したことから、総資産が大幅に減少して05年9月中間期は最終赤字7600万円を計上した。 金融庁は昨年11月に着手した振興銀への立ち入り検査を1月末に終え、5月連休前にも結果を通知する見通し。同行の9月末の自己資本比率が19%に及んでいるため、4%割れで行政命令が下される可能性は低く、融資・審査の管理態勢に当局がどう ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。