返り咲いた「旧三和銀のエース」

2006年5月号 連載 [CHALLENGER]

  • はてなブックマークに追加

 世が世なら杉山淳二は三和銀行の頭取になっていた。金融界も大蔵省もそう見ていた。三和銀が金融大再編の波に飲まれ、UFJグループになっても頭取候補だった。東海銀行などとの経営統合をまとめあげ、統合後の戦略を任された。だが、追われるように関連ノンバンクのアプラスの社長に転出、バンカーとしての人生は終わりだと誰もが思った。 ところが杉山は「復活」する。6月にも新生銀行の会長として、再び大手銀行のトップに返り咲く。かつての「三和銀行のエース」は、新たな舞台で古巣のメガバンク打倒に挑戦しようとしている。 杉山は三和銀で早くから幹部候補生として頭角を現した。店舗規制が厳しかった当時、都市銀行にとって最も重要な経営課題だった店舗戦略を手がけ、関西系の三和銀が、一気に首都圏に進出する足がかりをつくった。 三和銀の2年先輩には杉山の強力なライバルがいた。頭取 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。