「バブル」終わりの始まり

デフレ脱却?笑わせちゃいけない。ゼロ金利が続いて、すでに「局所バブル」狂騒曲。 が、宴は短命だ。

2006年5月号 COVER STORY [水脈ウォッチャー]

  • はてなブックマークに追加

「企業の収益率が改善し、物価情勢も一頃に比べ好転している状況下、金融政策面からの刺激効果が一段と強まり、中長期的にみると経済活動の振幅が大きくなるリスクには、留意する必要がある」 量的金融緩和の解除を決めた3月9日の日銀金融政策決定会合の発表文には、判じ物のような一文が盛り込まれていた。素直に読めば、資産価格のバブル懸念である。なのに、マスコミはこの一文をやり過ごした。 当然といえば当然かもしれない。福井俊彦総裁自身、政府・与党からの圧力を意識してか、「量的緩和政策の解除は金融の引き締めではない」と強調している。「解除後の金融市場調節方針はコールレートを『おおむねゼロ%』に促すものですから、経済や物価に対する刺激効果という点では、非連続的な変化を伴うものではありません」 速水優前日銀総裁による早すぎたゼロ金利解除が、ITバブルの崩壊と相俟っ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。