阿部重夫発行人ブログ「最後から2番目の真実」

  • 2015年4月25日オリンパスに米FDAが査察に入った

    このコラムが配信される頃には、ことの核心をえぐるメスが深々と突き刺さっているはずだ。日本ではFACTAを除いては不思議なくらいにほとんど報じられない、米国での超耐性菌の感染拡大問題である。

    感染拡大のもとになったとされる十二指腸内視鏡の製造元であるオリンパスに今、まさに調査のメスが入っている模様で、責任の所在を探る新たな段階に入ったと言える。それも太平洋の彼方から調査の手が伸びてきたのだ。

    「石川事業所の3号棟2階は、来週いっぱいFDAの査察団が専有するから気をつけるように」--。