阿部重夫主筆ブログ「最後から2番目の真実」

  • 2012年10月18日ヨルムンガンドとリヴァイアサン3 饒舌

    『ヨルムンガンド』の作者に敬服すること。それは、9・11にWTCが崩れ落ちて武器取引と大量破壊兵器開発の追跡行が吹っ飛んで以来、オレはいったい何をしてきたのだ、と自問するにひとしい。

    11年も追跡をお留守にしていれば、コミックスの想像力に負けるのは是非もない。そのノウハウを、資本の悪追及とその破壊に浪費しちゃったのかもしれない。

    一撃必中、弱点連打……経済スキャンダルの調査報道にそれが有効だったことは証明できたと思うが、本命の宿題がなおざりじゃ、しゃんめえ、ということになる。

    そろそろ本道にもどりたいな、という気はするが、浪費したのは取材ノウハウだけじゃない。体力とそして年齢も、10年以上前とは違う。あれほど行きたかったアフガニスタンも、あの過酷な環境では、この夏取材に行った菅原出君のようにはとても耐えられないと思う。

    『ヨルムンガンド』の私兵チームのように、辺境から辺境を渡り歩く体力もカネも今はない。口惜しいなあ、そんな思いがこれを書く機縁になった。

    フフーフ。

    だんだん、アニメに影響されて、女武器商人ココ・ヘクマティアルの口癖に感染しそうだ。

    何が負けたって、ココの饒舌なせりふ(エンディングの布石なのだが)には頭が下がる。

    たとえばMusica ex MachinaのPhase 5

    Deus ex Machina(機械仕掛けの神)のもじりだが、そこでヨナを相手に聞かせるせりふがいい。寡黙なヨナはほとんど一方的なココのモノローグを聞くだけだ。

  • 2012年10月18日佐藤栄佐久・福島県元知事の冤罪

    最高裁の上告棄却で、二審の有罪判決が確定した。収賄罪の根底が崩れているのに、検察の控訴と被告の控訴を両方棄却する形で、国家権力のメンツを守ろうとした最高裁第一小法廷の裁判長、桜井龍子判事をFACTAは断罪する。

    桜井判事の判断は歴史的誤審であり、検察の国策捜査と同罪です。桜井判事は法曹にいる資格がない。地の果てまで、FACTAはこの裁判官を追跡します。

    この事件についてはFACTAが他のメディアに先駆けて問題性を訴えてきた。最高裁決定を受けて、佐藤氏からこのようなメッセージが寄せられたので紹介しよう。