阿部重夫主筆ブログ「最後から2番目の真実」

  • 2010年7月14日月刊総合誌FACTAは日本振興銀行に対し不当訴訟の損害賠償請求訴訟を提起します

    日本振興銀行前会長、木村剛が本日、検査忌避による銀行法違反容疑で逮捕された事態を受けて、弊誌は同行および木村、小畠晴喜取締役会議長(14日夕に社長就任を発表)をはじめとする同行経営陣に対し、不当訴訟による損害賠償請求訴訟(請求額約3000万円)を提起いたします。

    本件の立件に1年以上先駆けて、弊誌は昨年5月号(09年4月20日発行)から4回にわたり振興銀行の内情を調査報道しました。これに対し同行は名誉を棄損されたとして、多額の損害賠償及び謝罪広告掲載を求める訴訟3件を提起しました。弊誌の言論および取材を訴訟によって封殺し、実態が露見するのを妨害しようとするとともに、弊誌報道に追随しようとした他のメディアに対しても「書いたら訴える」と威嚇する意図を持っていたことは明らかです。

  • 2010年7月 9日J・M・ケインズ「確率論」のススメ

    熊本日日新聞のコラム「阿部重夫が読む」に書評を載せました。尊敬する経済学者、ジョン・メイナード・ケインズの『確率論』 (佐藤隆三訳、ケインズ全集第8巻 東洋経済新報社)です。

    とはいえ、たぶんこの本を書評するなどという無謀な新聞は、ほかにはないかもしれない。歯ごたえがありすぎる。

    先日(7月4日)、たまたま東京お台場の「東京カルチャーカルチャー」で、水野俊哉+山本一郎(切込み隊長)+中川淳一郎氏のトークショー「ビジネス本作家の値打ち」を聴く機会があったが、聴衆の誰一人としてケインズのこの本に興味は持たないだろうなということは確信できた。

    ケインズは数学者であり哲学者だったのだ。ご興味をそそられても、まだハードルがある。『確率論』のお値段は12000円とバカ高いのだ。でも、その価値はある。乱作されるカツマーの本はあっという間に消えても、この本はずっと残るだろう。