阿部重夫発行人ブログ「最後から2番目の真実」

  • 2009年12月21日人知れず微笑まん――日銀総裁の奇妙な会見

    笑ってしまった。でも、声を立てずに。

    先週末、12月18日の日銀政策決定会合と白川方明総裁の会見である。決定会合の結論は政策金利である無担保コール翌日物金利の0・1%目標を維持する、つまり変更なしということなのだが、「この機会をとらえ、措置の背景にある物価安定に関する日銀の考え方をより明確な言葉で表現する」として、妙なことを言い出したのである。

    日銀として消費者物価指数の前年比ゼロ%以下のマイナスの値を許容しえないこと、および委員の大勢は1%程度を中心値と考えていることをより明確に表現することにした。

    これが笑わずにいられようか。ちょうど同時期に本誌1月号(12月20日発売)で「白川日銀は『デフレ誘導』」という目玉記事を載せて、日銀の金融政策が06年の量的緩和、ゼロ金利政策解除以来、コアCPI(エネルギー・食品を除く消費者物価指数)で一度も「マイナス領域」を脱出していないことをグラフで立証しているからだ。

  • 2009年12月19日1月号の編集後記

    FACTA最新号(2010年1月号、12月20日発行)の編集後記を掲載します。フリー・コンテンツの公開は28日からです。

    *   *   *   *   *

    彼は若かった。20年前の1990年5月、国会議事堂2階の自民党幹事長室で、初めて小沢一郎氏にインタビューした。当時の写真を見ると、今より恰幅がよく髪も多い。が、口は重く「ちょっと観念的で青っちょろいというか、自分なりの考えかたをもつというかね」という自画像を引き出すのがやっとだった。時移り世は変わり、今は民主党幹事長として同じ部屋に陣取る。門前市をなす陳情――デジャヴに襲われた。