阿部重夫主筆ブログ「最後から2番目の真実」

  • 2009年11月26日中国軍事パレードの初公開ミサイル5機種――盧四清寄稿より

    FACTA最新号(09年12月号)では、香港の中国人権民主化運動情報センター主席の盧四清氏が「中国『人権抑圧』にドイツ首相が痛烈な一語」を載せているが、その前段の中国軍事パレードの分析をここに別途掲載します。12月掲載の誌面ではいささか古いので、雑誌ではなくブログで載せる次第である。

    読者の方はご覧になりましたか? 建国60年の盛大なパレードは見るとぞっとするせいか、日本ではあまり詳細に報道されていない。しかしインスパイアの成毛眞氏のブログ(10月2日)には、その延々と続くCCTVの中継画像がYouTubeをエンベッドする形で引用されている。

    さすが読書家の成毛さん、ミリオタから歌舞伎まで相変わらずなんでも好奇心をお持ちのようで、まさにこれを見ると百聞は一見に如かずと思える。習近平国家副主席がなんで人民軍事委副主席の座を手にいれたくてならないかがよくわかるからだ。

    しかし国家の夜郎自大というのはどこでも退屈なもので、壮大であればあるほど辟易してくる。中国の軍事力誇示が爪を隠しているのか、弱さの反動なのかは正直よくわからない。中国語が分かろうが分かるまいが、胡錦涛の演説は空疎だったろうと思う。

    YouTubeも一本では収まらず、10分割して収録しているが、やはり成毛さんの言うピンクのミニスカ女性民兵が行進する06がハイライトのようだ(※下記の動画参照)。胡錦涛の演説よりぐんと高いのは、世界の目もミーハーなのだろう。ともかく盧さんの文章である。

  • 2009年11月25日藤原美喜子さんの本「人生好転のルール55」

    小生はめったにノウハウ本を読まない。単純に忙しくて読んでいる暇がないからだ。記者などというヤクザな稼業は、常にあたって砕けろ式の取材が要求され、究極のOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)だから、それが習い性になってしまっただけのことである。

    取材方法は見よう見まね、誰も教えてくれず、記事がだめなら黙ってボツ、という日々で、なぜボツかは自分で考えろと突き放された。べつに人生のノウハウ本など不要、などとエラソーなことが言えるほど、楽に生きていたわけではないから、ハウツー本嫌いなわけではない。実は手に負えない事態になったときなどは誰か「人生好転のルール」を教えてくれないかと、内心天を仰いでいたくらいである。

  • 2009年11月19日12月号の編集後記

    FACTA最新号(2009年12月号、11月20日発行)の編集後記を掲載します。フリー・コンテンツの公開は25日からです。

    *   *   *   *   *

    雑誌編集長はストリッパーと同じで、自分の内臓をさらして生きている。だから、この因果な稼業に明け暮れる人は「餅は餅屋」ではないが、他人の雑誌も一目見ればたちどころにその本性を見抜ける。灰色の脳細胞が明滅して「こいつは同類」と直感するのだ。中国の隔週刊誌「財経」(Caijing)の女編集長、胡舒立(フーシュリ)さんも、私にとってはそんなジャーナリストだった。

  • 2009年11月17日ののちゃんとファド2――LUSOの秘密

    朝日新聞の社会面連載マンガ「ののちゃん」に時々でてくる、不遇の高校生ストリート・ミュージシャン、吉川ロカが、ファド歌い(ファディシュタ)であることは、ファド好きの人たちの間ではよく知れわたっているらしい。

    ののちゃんとファド1」で紹介した知人で、ファドのCD「桜桃酒」を出したばかりの槇さんが、「LUSO」の謎解きを教えてくれたので紹介しよう。

    前回引用した「謎の婆」(4272回)の3コマ目で、「ウェーン」と吉川ロカが泣き伏せる店のシャッターに「LUSO」と落書きがしてある。あれは何のこっちゃと思っていたら、槇さんが解説してくれた。

    LUSOはポルトガルの地名で、鉱水がでるのか、ポルトガルのミネラルウォーターのブランドに「LUSO]があるという。また、そういう名のカーサ・デ・ファドもあるそうだ。

    ふうむ、いしいひさいち、いよいよ芸が細かい。しだいに「磯野家の秘密」みたいになってきた。

    その槇さん、11月12日に東京・四谷のポルトガル・レストラン「マヌエル」で行われたLIVEに行って来た。

    ファドのポルトガルギターを弾ける人は日本でも数少ないが、もっともよく知られたアコースティック・デュオ「マリオネット」(ポルトガルギター湯淺隆、マンドリン吉田剛士)のLIVEである。私は雑誌の編集作業があって行けなかったが、彼女はお礼をかねて聴きに行っている。

  • 2009年11月 5日ののちゃんとファド1――ロドリゲスの「春」

    朝日新聞は商売柄、よく読むと言ってあげたいところだが、最近はさっと目を通すだけで、ほとんど関心の外にある。どうも中身が後ろ向きで、「新聞」というより「旧聞」といったほうがいいような気がする。

    どうせ万古不易なら、いつまでも年をとらない「さざえさん」でいい。その後継者ともいうべきいしいひさいちの漫画は「タブチくん」以来のファンだが、最近は毎日読む習慣がなくなったせいで、あの大勢の登場人物が把握できなくなってきた。それが11月3日朝刊の4465回を見てはっとした。

    山田家の隣のキクチ食堂でバイトしている高校生のストリート・ミュージシャンが歌う歌詞が目に飛び込んできたからだ。漫画は吉川サンが文化祭で歌おうとして、先生の服装審査を受けるシーンなのだが、その歌詞が「Ai funesta primavera」とある。ポルトガル語で「ああ、不吉な春よ」という意味だ。

  • 2009年11月 4日弱身につけこむ「風邪の神」

    日本海沿岸県7新聞のシンジケートコラム「時代を読む」を10月31日に掲載しました。文中の落語家、桂米朝師匠はその3日後の11月3日に文化勲章を受章しましたが、ちょっと偶然です。車椅子姿でしたが、彼の高座が聞けないのがちょっと寂しい。テーマは新型(豚)インフルエンザです。仮タイトル(各紙で多少異なるかも)は、

    弱身につけこむ「風邪の神」