阿部重夫発行人ブログ「最後から2番目の真実」

  • 2009年10月19日11月号の編集後記

    FACTA最新号(2009年11月号、10月20日発行)の編集後記を掲載します。フリー・コンテンツの公開は25日からです。

    *   *   *   *   *

    本人がカミングアウトしちゃったから、もういいのだろう。旧大蔵省の異能官僚でありながら霞が関に反旗を翻し、特別会計積立金の不明朗を暴いて「埋蔵金男」と呼ばれた高橋洋一氏(元内閣参事官)が、半年余の沈黙を破って新著『恐慌は日本の大チャンス』(講談社)を出した。3月に起きた書類送検のてんまつは、序章で4ページほど書いてある。