阿部重夫主筆ブログ「最後から2番目の真実」

2007年5月25日 [TCI]TCIのジョン・ホー氏

  • はてなブックマークに追加

FACTA前号(4月20日号)の「企業スキャン」でとりあげた英国のファンド「ザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド」のアジア部門(香港)を代表するジョン・ホー(何志安)氏に会った。4月の取材時には連絡が取れず、今度は来日したので会うチャンスができた。

ホー氏は24日、元衆議院議員の近藤鉄雄氏が開いている新時代戦略研究所(INES)のゲストスピーカーに立った。ホテル・オークラでアナリストやジャーナリストらを前に熱弁をふるい、電源開発(Jパワー)に増配要求したバックグラウンドを2時間以上にわたって説明した。

ホー氏は30代と若いが、頭と舌の回転の速い人だった。慎重に言葉を選んで、日本の市場を味方につけようとしている。その論理にJパワーや経済産業省、そして日本の大株主たちは納得するかどうか。

6月のJパワーの株主総会に増配提案をしているから、この来日はプロキシー・ファイト的な側面もあるのだが、公益事業として規制に守られた電力業界に市場原理を貫徹させようとするチャレンジは、単なるハゲタカ外資襲来では片付かないものを持っている。

電力自由化が資源価格の高騰とエンロンの破綻で進まなくなったいま、TCI対Jパワーの帰趨次第では、地域独占の電力業界に風穴があくかもしれない。TCIは何を狙いとしているのか。ホー氏へのインタビューは次号掲載の予定である。お楽しみに。