阿部重夫発行人ブログ「最後から2番目の真実」

2006年1月24日 [ネットバブル]ライブドア崩落4――本質的でないこと

  • はてなブックマークに追加

23日夜は銀座の焼き鳥屋で飲んでいました。「ホリエモン逮捕」の報はそこで聞きました。で、早めに切り上げてテレビのチャンネルを回してみました。

ひでえ! たまたま映った画面で見たのが、「報道ステーション」の特別番組。延々と小菅に入るワゴンカーを追うって、オウムの麻原じゃあるまいし、あまりにも芸がない。そして、ホリエモンの携帯に電話する女性記者のアホさかげん。うん、うんと頷くばかりで何の突っ込みもできない。「東京地検が偽計とか言っているようですが、どうでしょうか」とアホな質問に、ホリエモンが怒りだすのは当然だと思う。

「こちら、フジテレビ本社前」だけ、鬼の首を取ったようなネーちゃん記者が出てくるのにはあきれました。

うんざりしてチャンネルを変えたら、日本テレビもあららでした。ヒゲづらの男の記者が、これまた、したり顔でホリエモンの携帯に電話している。「あなたのためだから」とかなんとか、おためごかしばかり。自分だけインサイダーの顔をして、その下卑た卑しさが顔に露骨に現れる。おうおう、エラソーじゃねえか、と言いたいですね。

テレビには「ツラ撮り」がある。業界の隠語だが、逮捕されそうな人間を、事前に待ち伏せして遠くから盗み撮りする、あの手法である。待ち伏せの努力は認めるが、しょせんは窃視と同じで、うすら寂しい世界です。携帯の番号を知っていて、そこに「あなたの味方よ」というネコなで声で電話するのは、この「ツラ撮り」と変わらない。

それに律儀につきあうホリエモンは、確かにカワイソーではある。あなたの周辺に群れる連中はかなりお粗末、人間にめぐまれなかったのですね。しかし今から申し上げる。この国策捜査はかなり無理がある。「あわせ技、有罪」は、もしかすると裁判で立証困難になる。それを指摘できないで、「あなたのためだから」はないでしょう。

テレビ・ジャーナリズム、恥を知るべし。