阿部重夫主筆ブログ「最後から2番目の真実」

2005年12月15日 [ソニーの「沈黙」]ソニーの「沈黙」4――音楽CDの“無間地獄”

  • はてなブックマークに追加

いつまでも道草をしていると、変に勘ぐられるので、そろそろソニーの本論を再開しよう。発端から書くことにする。

11月半ばの週末だった。場所は東京・飯倉のロシア大使館近くのライブハウス。ポルトガルの哀愁を帯びたファドの歌が流れる暗がりで、だしぬけに「知ってる?」と言われた。

「ソニーの輸入盤音楽CDに“ウイルス”が仕込まれていて、パソコンが感染すると機能不全になるんだって。シリコンバレーは騒然としていて、ソニーが憎まれっ子になっているのに、どうして日本では報じられないんですかあ」

相手は国立系研究機関につとめる通信の研究者で、同じライブを聴きにきていた知り合いだが、せっかく赤ワインと音楽で陶然としているのに無粋なヤツ、と思いながらも、単なる素人の聞きかじりではないので聞き流せなかった。

「知らないな、そんな話。日本のメディアが萎縮しているのかもね。つい先日、『ソニー金融部門売却』と書いて外したトラウマもあったんじゃないの」

今思えば無責任なコメントだった。ただ、微かにカンが働いた。「詳しくはメールで教えてちょうだい」と付け加える。後日、そのメールが届いた。専門家たち同士でやりとりした議論である。はっとした。ソニーの根幹を揺るがす事態が起きていると直感した。

かいつまんで言うとこうである。ソニーの音楽部門とドイツのベルテルスマンの音楽部門の米国合弁会社、ソニーBMGが、05年3月から音楽CDの一部にコピー防止のプログラム(XCP)を搭載しだした。このCDを通常のCDプレーヤーに入れても何の支障もないが、パソコンでデジタル音声データをファイル化(リッピング)してコピーしようとすると、コピー回数を3回に制限するなどの機能が作動する。そこまでは正当な著作権保護に見えるが、このプログラムの機能はそれだけではなかった。

こっそりウィンドウズなどの基本ソフトを書き換え、ウイルス感染を防ぐガードに「穴」をあけてしまう。しかも、パソコンのユーザーに追跡されないよう「覆面機能」(クローキング)を持ち、ユーザーに無断でパソコン内の個人情報をソニー・ミュージックなどに“密告”する。気づいたユーザーがこのプログラムを除去しようとすると、パソコンを機能不全にするなど「抵抗」するので除去が難しいという意地の悪さだ。

機能だけ見れば「トロイの木馬」型などのコンピューター・ウイルスの特性とそっくりで、「ソニーが音楽CDにウイルスを仕込んでいた」という衝撃的なニュースとなって、世界を仰天させた。ネットを通じて不用意にアクセスすると、知らないうちにユーザーのパソコンに「スパイウエア」や「マル(悪質)ウエア」と呼ばれるプログラムが送りこまれ、勝手に居座って情報収集や干渉を行う往々にして企業のサイトが蔓延し、誰もが手を焼いているだけに、怒りが爆発したのも当然だろう。

このエピソード、どこかデジャビュ(既視感)を感じないだろうか。とっさに連想したのは、香港暗黒社会を描いた映画「インファナル・アフェア」三部作である。原題は「無間地獄」という(念のために「ムケン」と読む。「無限」ではない。仏教用語で痛苦がひっきりなし(無間)に続く地獄のこと)。人気香港俳優トニー・レオンとアンディ・ラウが主演していてヒットしたが、とにかく複雑なシチュエーションで「???」の連続である。悪玉善玉の仮面が入り乱れて、「エヴァンゲリオン」級の難解さが人気の秘密らしい。

いかにも何がFACTAか容易に見極められないバーチャル時代にふさわしい。ちょっとプロットを紹介すると、警察学校出身の2人の男が、かたや落ちこぼれて町のチンピラ、かたや警察のエリートとなっている。チンピラは町のヤクザ組織の親分の側近だが、実は警察の秘密捜査官で、命がけで動静を探っている。エリートは逆にヤクザが警察に送り込んだスパイで、皮肉にも内務監察官として内通者をあぶりだす立場にある。だが、それを利して、ヤクザ組織に潜入した秘密捜査官が誰かを突き止めようとするのだ。

ウイルスそっくりのソニー音楽CDのコピー防止プログラムは、この「内通者」のようにあなたのパソコンに忍びこみ、組み込まれるやたちまち姿をくらまして、寄生虫のようにパソコンの内部に身を潜め、あなたがどんなCDをコピーするかを探っては、ギプスに潜ませた無線機を使う映画のトニー・レオンのように発信する。

だが、レオンもラウもいつか正体を暴かれる日が来る。ソニーの「スパイウエア」の場合、その運命の日は10月31日だった。場所は北欧のフィンランド。コンピューター・セキュリティ企業「F・セキュア」のブログで、専門家のマーク・ルシノビッチ氏が徹底追及のリポートを載せたのが始まりである。これが無類に面白い。

ぜひ一読をお勧めする。邦訳は「@IT」というサイトの「Insider’s Eye」に「畑中哲」の訳者名で載っている。ちょっと専門用語が多いが、慣れれば、探偵役のルシノビッチ氏が何をやろうとしたかが分かるのだ。

なぜなら、これは単なる調査ではなく、推理を重ねて「謎のウイルス」を追い詰める上質のミステリーになっているからだ。新聞が資本の論理に屈してコストのかかる「調査報道」は見る影もなくなったが、企業の見えざる闇に捜査官のように潜入し、正体を突き止める「調査報道」が、ブロガーとマシンと検索エンジンの組み合わせで可能だとは朗報である。凡百のジャーナリストは、このブログの鮮やかなスクープに脱帽すべきだろう。膨大なコメントとトラックバックを見ても凄まじい反響に驚く。そして、ソニー経営陣も貝のように口を閉ざしていないで、素直にそれにひれ伏すべきだと思う。

次回、この「フィンランドのトニー・レオン」の快挙を詳述しよう。