秋元議員が「金融機関に同道」の太陽光業者の未来

政府系金融機関から多額の融資を受けるのだが、その際に国会議員なのになんとついてきてくれた。

2020年2月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

東京地検特捜部は昨年12月25日、カジノを含む統合型リゾート(IR)をめぐり、中国企業「500ドットコム」(深圳)から現金300万円を受け取っていた疑いで自民党の秋元司衆院議員(48)を逮捕した。同年7月、別の事件で東京地検特捜部に逮捕された川崎大資被告(51、旧名は塩田大介)らとの交際が取り沙汰されてきた秋元議員だったが、ついに司直の手に落ちることになった。秋元議員といえば、全国各地で大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設計画を遂行し、一部地域では反対運動が起きている「ブルーキャピタルマネジメント」(東京都港区)との関係が報じられている。「特捜部は秋ごろからブルー社の幹部を連日、事情聴取していました。500ドットコムの事件と並行して捜査が進み、一時は特捜部の幹部も立件を真剣に検討していました」(司法記者)特捜部が注目したのは、ブルー社が政府系金融機関 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。