阿部重夫発行人ブログ「最後から2番目の真実」

  • 2008年5月29日1957年のグールド

    過去の自分の文章をちょっと引用させていただこう。日本経済新聞1991年12月21日付朝刊の芸術特集「美の回廊」の文章である。

    グレン・グールドは、ひとつの神話だった。演奏をこの目で見、聞いた日本人は数えるほどしかいない。ソニーの大賀典雄社長はそのひとりだ。一九五七年、留学先のベルリンで見た印象を今もありありと覚えている。

    「えらくイスを低くして、手長ザルみたいなんだね。ベートーベンの協奏曲三番の長い前奏の間、指揮のカラヤンを尻目に、ピアノの前でタクトを振るように手が舞うんだ。驚いたね。いざ弾き出すと、目のさめるような音で、強烈な欧州デビューだった」(「最後の風景」4 孤独の化身の誘惑)

    われながら懐かしい。当時の肩書きは金融部編集委員兼論説委員。それがなぜか「美の回廊」取材チームに投入され、同年12月にカナダのピアニスト、グレン・グールドを取り上げた。大賀氏に思い切って取材を申し込んだのは、ソニー入社前、ベルリン国立芸術大学に留学していたころ、カラヤンとグールドという奇跡の競演を目撃した日本人と聞いたからだ。正直、気安く快く応じてくれたのには驚いた。

  • 2008年5月27日求む!アミーゴ

    琴欧州が大相撲で優勝した。朝青龍と対戦する直前、「まさかがまさかかもね」って議論をしたばかり。あれよあれよという間に実現してしまった。

    実は小生のお世話になった弁護士先生が、琴欧州の後援会会長なのだ。25日の優勝祝賀では随所にカメラにとらえられていた。彼のご縁で私も恥ずかしながら後援会の一員である。

    それにしても、忍の一字だった。とにかく弱い大関だったもん。

    それが、カド番に追い込まれて開眼するのだから、相撲は分からない。で、本日はわが右腕、宮嶋君がそちらのお祝いに出陣、私は秋葉原でFACTAフォーラムの司会役という一夜だった。

    フォーラムにお呼びしたのは、最近『政治と秋刀魚』という新著を出版したコロンビア大学教授のジェラルド・カーティス教授と、盟友の外交ジャーナリストで新著『葡萄酒か、さもなくば銃弾を』を出したばかりの手嶋龍一氏である。満席の盛会だった。このサイトをお借りして、改めて御礼申し上げます。

  • 2008年5月21日谷脇康彦著「世界一不思議な日本のケータイ」のススメ

    MVNOだの、MNOだの耳慣れない略号が最近、氾濫している。訳語がまた難解だ。「仮想移動体通信サービス事業者」と「移動体通信事業者」。VはバーチャルのVなのだが、まず庶民には何のことやら分からない。いかにもお役所的な、こなれない訳語である。

    この本「世界一不思議な日本のケータイ」(インプレスR&D、税込み1890円)の筆者は、総務省総合通信基盤局でMVNOの旗振り役として奮戦する現職の事業政策課長だけに、この難解な訳語を世に広めた張本人のひとりかもしれない。

    2002年から3年間、ワシントンの日本大使館で参事官をつとめ、米国の情報通信のコンセプトをたっぷり身につけてきたから、無理ないことなのかもしれないが、それにしてもMVNOが体現する携帯(モバイル)ビジネスのオープン化が今ひとつ理解されないのは、この略号を放置しているからではないのか。

    現にNTTドコモの薬罐アタマ経営陣は、この略号を聞くだにひきつけを起こす案配だ。そこでひとつ、提案したい。

    MVNOをぐっとくだけて「アンテナ借り業者」、MNOを「アンテナ貸し業者」と言いかえたらどうか。

  • 2008年5月20日6月号の編集後記

    FACTA最新号(6月号、5月20日発行)の編集後記を掲載します。フリー・コンテンツの公開は26日からです。

    *   *   *   *   *

    あれは褒め殺しなのか、殺し褒めなのか。本誌にコラムを寄稿している手嶋龍一氏が、誰かに私を紹介する時、ふと悪戯っぽい目になることがある。北野武(ビートたけし)のバイオレンス映画をもじってこう言うのだ。「この男、凶暴につき」。まさか、とこちらは苦笑するほかない。

  • 2008年5月19日まぶしのマジック

    恥ずかしい話だが、名古屋名物の「ひつまぶし」を、大人になるまでずっと「ひまつぶし」と読んでいて、その正体をずっと知らなかった。うなぎをご飯にまぶし、最後はお茶漬けにしてさらさらと食べるものと知ったのは、かなり後になってからだと思う。だから「まぶす」という言葉を聞くと、パブロフの犬ではないが、何となく悔しさを感じる。

    さて、最新号の目次が本日正午にサイトに掲載されるが、この「まぶし」によってスクープを一本損した気がする。5月17日の日本経済新聞朝刊1面脇のニュースで、「総務省が週明け(19日)、携帯各社に対し回線貸出料について行政指導する」と報じているからだ。

    してやられた、と思った。日経にではない。総務省にである。

  • 2008年5月13日ジェラルド・カーティス×手嶋龍一×阿部重夫トークイベント「オバマと秋刀魚――日米政治の分かれ目」開催

    5月26日(月)の19時より東京・秋葉原で、日本政治研究の第一人者であるジェラルド・カーティス氏と外交ジャーナリストの手嶋龍一氏をお招きして、日米政治の分かれ目を論じるトークイベントを開催します。今回のイベントでは、二人の出版を記念したサイン会も開催します。詳しくはFACTAフォーラムの告知ページをご覧ください。

  • 2008年5月 7日吉野直行・慶大教授を批判する

    久しぶりにひどい文章を読んだ。6日付の日本経済新聞朝刊の「経済教室」である。臆面もない御用学者ぶりには恐れ入った。日経を読まない人のために、まず見出しだけ紹介しよう。

     特別会計と財政再建 「埋蔵金」頼みには限界
      「焼け石に水」の規模
        健全化の議論こそ本筋

    これだけで、金融・財政政策を専攻する学者にありがちな「財務省の腹話術」が感得できる。要旨をまとめた「ポイント」を見れば、それはいよいよ明らかだ。

  • 2008年5月 2日プレミアム・サービス「FACTA Associa」について

    3月号で告知したアソシエイト会員限定のプレミアム・サービスの開始ですが、予定より準備に時間が掛かっており、資料請求の受付を少し延期させていただきたいと思います。

    すでに、多くの方からお問い合わせをいただいており、お待たせして大変申し訳なく思っています。編集部としても、かなり踏み込んだサービスをご提供できるよう、万全の体制を整えたいと思っておりますので何卒ご容赦ください。

    準備が整いましたら、改めてお知らせしますので、もう少しお持ちいただけると幸いです。

  • 2008年5月 1日コラム「時代を読む」への寄稿

    4月27日付で新潟日報など環日本海10紙のリレーコラム「時代を読む」に寄稿しました。たまたま、青森に取材に行っていた知人が東奥日報でコラムを見たとメールをしてくれました。通信社を介した配信ではありません。手嶋龍一氏らとローテーションを組み、日本でもシンジケートコラムができないかと始めた試みです。10紙の購読者を合算すると200万人になるそうですから全国紙規模ですが、都市部に偏ることなく地方にもメッセージを届けられるというメリットがあります。FACTAの知名度をあげる狙いもあります。