阿部重夫発行人ブログ「最後から2番目の真実」

2006年12月21日 [ソニーの「沈黙」]もういちど「ソニー病」3――太鼓もちメディア

  • はてなブックマークに追加

ITMediaはソニーの太鼓もちかね。

12月20日20時28分配信の「Felicaの暗号が破られた?――ソニーは完全否定」という記事を書いた記者は、ソニーの言い分を鵜呑みにしただけである。

当方には電話で数分聞くだけの手抜きで、それでもって記事をすぐ書いてしまう厚顔無恥が信じられない。メディアがメディアに取材して、「本当ですか?」とか、「ソニーは否定していますが」とか聞いてどうするのかね。愚問である。こういうのを御用聞き記者という。魂胆が透けて見えるから、こちらも手の内は明かさない。それだけのことだ。

ITMediaは単に、FACTAへの取材に失敗しただけなのだ。「客観的に見て、説得力に欠ける内容になっていることは否めない」と評しておられるが、冷たくあしらわれた腹いせですかね。

追っかけ取材の礼儀を教えてあげましょう。まず、自分独自のソースを持ちなさい。電話取材ですまそうなんて甘い。誰もほんとのことなんか言いやしない。この記事はソニーの広報とFACTAに電話をかけただけで、ベンダーや暗号の専門家、felicaのユーザーに取材した形跡がない。

かわいそうなものだ。3分の1はFACTAの記事の引用、3分の1はソニー広報の言い分の引用、最後はご自分の判断とFACTAのコメントである。かろうじて体裁を整えているだけで、足弱記者の典型と言っていい。引用とまた聞きだけで一丁あがりなのだ。

ひとつだけ、お尋ねする。共通カギと公開カギって分かってますか。暗号のイロハですよ。

記事は情報源の秘匿などさまざまな配慮から、取材した事実をすべて書くわけではない。キンシャサでジョージ・フォアマンと戦ったモハメド・アリのように、ロープを背に「来い来い」と誘う戦法でもあります。書くのは5-6割、残りは第2弾用に温存、というのが調査報道の鉄則なのだ。

それも知らないのは、ITMediaが実地の調査報道取材をしていないからである。FACTAは、電話と検索で安易にニュースをこしらえるメディアのアンチテーゼをめざしている。だから、誰が情報提供者かと、鵜の目鷹の目のソニーにスキを見せるつもりはない。

真実を追究する資質と経験がない人には何を言っても無駄である。